日本ビジネスモデル学会 2021 年秋季大会 「 日本の MZ 世代 … 若い世代は何を求めて、何をしようとしているのか 」

日本ビジネスモデル学会
2021 年 秋季大会のご案内

日本の MZ 世代 … 若い世代は何を求めて、何をしようとしているのか

世界では MZ 世代(ミレニアルと Z 世代)という若者世代の社会的存在感が高まっています。彼らは洗練された消費行動を示し、仕事に意義を求め、環境、格差、人権などの社会問題に声を上げ、当然のようにテクノロジーを駆使して、個人がかつてないほどの影響力を行使しています。

しかし、日本ではどうか?バブル崩壊後の長期経済低迷期に育ち、高齢化社会が進む中で、むしろ若い世代の保守化・内向化は加速しているとも言われています。

そこで日本ビジネスモデル学会では、MZ 世代のウオッチャーやインフルエンサー、そして同世代を代表するフロントランナーの方々を迎えて、日本における同世代の実態やポテンシャルについて語り、そして共に考える場を設えます。

消費者として、ワーカーや活動家として、そして市民として、彼らは何を語るのだろうか。

日時

2021 年 11 月 21 日 (日曜) 13:00 – 18:00
[ オンライン講演 : Peatix にて受付・Zoom にて配信 ]

プログラム

13:00 – 13:10
オープニング 日本ビジネスモデル学会 会長 平野 正雄

13:10 – 14:10
基調講演「 Z 世代は何を求めどこへ行くのか」
原田 曜平 マーケティングアナリスト 信州大学 特任教授 玉川大学 非常勤講師

14:20 – 15:20
パネル 1「 MZ 世代が解決する社会課題とビジネスモデル 」
– 社会課題に関心が高いとされる世代の具体的な取り組みと持続可能とするビジネスモデルについて –
安川 新一郎 グレートジャーニー合同会社 代表社員
今村 桃子  株式会社 Inner Sustainability Chief Privacy Officer / 代表
北村 優斗  株式会社 Gab クリエイティブディレクター

15:30 – 16:30
パネル 2「 ネット時代の “若者” への誤解と理解 」
陳暁 夏代 合同会社 DIGDOG 代表
平山 潤  NEUT Magazine 編集長
中里 虎鉄 フォトグラファー / エディター
ベイン理紗 モデル / アーティスト

16:40 – 17:50
パネル 3「 若い世代は何を求めて、何をしようとしているのか 」
パネル 1 + パネル 2 のメンバーによる合同オープンセッション

17:50 – 18:00
クロージング 日本ビジネスモデル学会 代表幹事 西田 治子

総合司会 浜本 亜実

会費

  • 会員 : 無料
  • 一般 : 1,500 円

登壇者 プロフィール

原田 曜平 Yohei HARADA
原田 曜平 マーケティングアナリスト
信州大学 特任教授
玉川大学 非常勤講師

東京都出身。巣鴨高校、慶應義塾大学商学部卒業。大学卒業後、博報堂に入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーに就任し、世界中で若者研究及び若者向けのマーケティングや商品開発を行った。博報堂退社後は、マーケティングアナリスト、信州大学・特任教授。専門は日本のジェネレーション Z など若者研究、メディア研究。

 
 

安川 新一郎 Shinichiro YASUKAWA
安川 新一郎 グレートジャーニー合同会社 代表社員

マッキンゼー東京支社・シカゴ支社を経てソフトバンク株式会社に入社。社長室長 / 執行役員本部長等を歴任。社会変革を起こすスタートアップへの投資 / 支援、未来の人材開発を行うグレートジャーニー合同会社創業。東京都顧問、大阪府市特別参与、内閣官房政府 CIO 補佐官、内閣府 SIP 構造化チームメンバーとして政府・自治体の課題解決にも取り組む。

「 Wellbeing for planet earth 財団 」理事。一般社団法人 Medical Femtech Consortium、や Femtech 振興議員連盟を立ち上げ。

 
 

今村 桃子 Momoko IMAMURA
今村 桃子 株式会社 Inner Sustainability Chief Privacy Officer / 代表

EY アドバイザリー・アンド・コンサルティングに新卒入社。2020 年 6 月に一般社団法人 Privacy by Design Lab を共同創業して普及・啓蒙。一般財団法人日本情報経済社会推進協会、Open Web Application Security Project などでプライバシーバイデザインのプロジェクト紹介や普及啓蒙を行う。現在は株式会社 Inner Sustainability を立ち上げ、市民のプライバシーに配慮するためのフレームワークの開発と企業向けプライバシー戦略の研修・コンサルティングを提供。東京大学都市環境工学修士取得。

 
 

北村 優斗 Yuto KITAMURA
北村 優斗 株式会社 Gab クリエイティブディレクター

2003 年長野県生まれ。中学在学中、周囲の社会課題への関心の薄さに危機感を感じ、選挙演説中の政治家と議論を交わすなど学校外での活動を開始。 高校 2 年次にゴミ拾いの楽しさに魅了され、人気番組「 逃走中 」とゴミ拾いを融合した『 清走中 』を考案。20 社を超える地元企業からの協賛のもと、これまでに 600 人以上を動員。現在は、立命館アジア太平洋大学で国際的な観点から学びを深める傍ら、社会課題の敷居を下げることを目指す株式会社 Gab の一員として、意識の分断を解消するために奔走。

 
 

陳暁 夏代 Natsuyo CHINSHO
陳暁 夏代 合同会社 DIGDOG 代表

1989 年生まれ
2011 年より北京・上海・シンガポールにてエンターテインメントイベントを企画運営。2017 年 DIGDOG llc. を立ち上げ、日本と中国双方における企業の課外解決を行い、企業のブランディング、エンターテインメント分野や若年層マーケティングを多く手がける。

 
 

平山 潤 Jun HIRAYAMA
平山 潤 NEUT Magazine 編集長

1992 年神奈川県相模原市生まれ。成蹊大学卒。ウェブメディア『 Be inspired! 』編集長を経て、現在は『 NEUT Magazine(ニュートマガジン)』創刊編集長を務める。世間で <エクストリーム> だと思われるようなトピック·人に光を当て、より多くの人に「先入観に縛られない <ニュートラル> な視点」を届けられるよう活動中。

 
 

中里 虎鉄 Kotetsu NAKAZATO
中里 虎鉄 フォトグラファー、エディター

1996 年生まれ
フォトグラファー、エディター、コンテンツ制作など、肩書きにとらわれず多方面に表現し続けたいノンバイナリーギャル。雑誌「 IWAKAN 」の編集制作も行う。

 
 

ベイン 理紗 Lisa BAYNE
ベイン 理紗 モデル / アーティスト

東京工芸大学芸術学部写真学科在学中。モデルとして広告や MV 等に出演するほか、アーティストとして展示やデザイン等の作品制作をおこなう。日常を記録し続けたスクラップブックは 5 年間で 100 冊以上存在し、五感や興味を絶やさないことへの意識を高めている。 2021 年 5 月より山梨県北杜市に畑を持ち、NEUT Magazine にて連載中。

 
 

浜本 亜実 Ami HAMAMOTO
浜本 亜実日本ビジネスモデル学会 プリンシパル
株式会社 Humanext 代表取締役

シャネル株式会社で長年培った経験を活かし、外資系ブランドやリゾートホテルなどの PR を手掛ける。その後、森ビル株式会社に入社し、” 六本木ヒルズ ” の立ち上げに参画。
2005 年、株式会社 Humanext 設立し、人材開発・組織開発・サービスデザイン事業を展開。
そのほか、株式会社ヴィス社外取締役、一般社団法人 21 世紀学び研究所理事を兼任。
慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程 ( Master of System Design and Management ) 修了。

 
 

平野 正雄 Masao HIRANO
平野 正雄日本ビジネスモデル学会 会長
早稲田大学 商学学術院 経営管理研究科 ( ビジネススクール ) 教授

1987 年から 20 年間、マッキンゼー&カンパニーにて経営コンサルティングに従事。その後、プライベート・エクイティー大手のカーライルにおいて日本企業のマネージメントバイアウト ( MBO ) 投資に参画。2012 年から現職。現在、複数社の社外役員および企業アドバイザーを兼任中。

 
bizmodelorg